【仕事に役立つ】説明が下手で悩んでいる人はコレで改善しよう

【仕事に役立つ】説明が下手で悩んでいる人はコレで改善しよう
  • 説明が下手だからうまく伝わらないことが多いなぁ
  • わからないところを先輩に相談したいけど、どうしたらうまく伝えれるかな?

こんにちは、わいつー(@yyblog_asuyaru)です。


仕事をしていると人に説明をする機会がたくさんあります。

人によっては説明がニガテだったり、相談したいけどうまく伝えられず悩んでいる方もいると思います。

そんな悩みを抱えている方のために、この記事ではこんな内容を書いています。

  • 説明が下手な人が相手にわかりやすく説明する方法
  • 自分が相談したいことと正しく伝えて相手に説明してもらう方法
わいつー
わいつー

僕もこの記事に書いてあることを実践しています!

この記事を読むと、相手にわかりやすく伝えられ、仕事をスムーズに進めることが出来ます。

この記事の結論を先に言うと以下のとおりです。

この記事の結論

  • 人に説明することが下手な人は、絵をかいて説明しよう
  • 説明をしてもらう立場の方も、わかる範囲で絵をかいてから相談しよう

絵をかいて説明したほうがいい理由

説明が下手な人はこんな特徴を持っていることが多いです。

  • 言葉だけで説明する
  • 話の範囲が広い

説明が下手な人は、自分が持っているイメージを頭で思い浮かべて話をします。

しかも勝手に脳内補完しながら話すので、言葉足らずになり、受ける側はまったく理解できません

また必要ない情報を付けて話を広げることがありますので、話の内容が複雑化します。

そうならないためにも、同じイメージを共有し、必要な部分に絞って説明ができるように絵をかきましょう

わいつー
わいつー

最初は下手でもいいから、まずはかいてみよう!

人はイメージ図があると非常に理解しやすくなります。

文章で書かれるよりも、概要が絵で描かれた方が理解しやすいです。

思っている以上に、相手は自分の説明を理解してくれません。

絵をかくときのポイント

わかりやすい絵をかくときのポイントは次のとおりです。

  • なるべくシンプルにする


複雑な絵をかいても相手に理解してもらえません。なるべくシンプルな絵をかくようにしましょう。

例えばネットワーク構成を説明する場合、このようにすべてかくと複雑でわかりにくいです。

架空のネットワーク構成です

こんな感じでシンプルにすれば、わかりやすくイメージできませんか?

シンプルにしすぎて「重要なポイント」「伝えるべきポイント」が漏れないように注意しましょう。

シンプルな絵をかくためにオススメの道具があります。

それはノート型のホワイトボード「nu board」です。

この「nu board」のいいところは次のとおりです。

  • 透明シートがついており、パラパラ漫画みたいにできる
  • スキャンしてデータ化できる
  • 何回も消して使えるのでエコになる
  • 範囲が限られているため、シンプルに書かざるを得ない
わいつー
わいつー

僕も愛用していて、周りからは「イイネそれ!」「パラパラ漫画がわかりやすい!」と好評です。

絵が上手にかけない場合はどうすればよい?

自分が説明する立場の場合、残念ながら自分の理解不足です。絵は理解していないとかけません

まずは自分で理解できるよう勉強しなおしましょう。

わいつー
わいつー

絵をかきながら覚えよう!

自分が説明を受ける立場の場合、まずはできるところまで書いてみましょう。

その状態で相談をすると、教える人が訂正や追記をしてくれます

自分が書いた絵に追記してくれるのと、人に書いてもらった絵をながめるのとでは理解度が全然違います。

わいつー
わいつー

最初は必ず自分でかくことが大事なポイント!

まとめ:絵を描くことは、自分の理解も深まる

絵を描いて説明できると、相手にわかりやすく、間違いなく伝わります。

それだけでなく、自分の理解も深まります

実は理解していなかった部分が見つかったりもしますので、まずは自分から絵をかいてみることをオススメします。

そして絵を描くときに便利なのがノート型ホワイトボード「nu board」です。

非常に便利で長く使えるため、気になる方はぜひ使ってみてください。

  • 透明シートがついており、パラパラ漫画みたいにできる
  • スキャンしてデータ化できる
  • 何回も消して使えるのでエコになる
  • 範囲が限られているため、シンプルに書かざるを得ない

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA