面倒だけど効果絶大!男性でも日傘をさすべき理由!女性目線の意見も

面倒だけど効果絶大!男性でも日傘をさすべき理由!女性目線の意見も
  • 日傘の効果ってどんだけあるの?
  • 男性でも日傘を差したいけど恥ずかしい
  • 男性が日傘をさしてるのを見て、周りがどう思うか気になる
  • 日傘をさしてみたいけど、持ち歩くのが面倒・・・

この記事はこんな疑問を解決します。

こんにちは、 わいつー(@yyblog_asuyaru) です。

近年、日本の夏は非常に暑くなることが多く、「災害並みに危険」といわれることもしばしば。

そんな状況の中、気温の30度越えは当たり前、直射日光を受けながら外を歩くのは非常につらいです。

また紫外線には健康被害というリスクもありますので、非常に注意が必要です。

私は2022年7月、ついに日傘を購入しました。

日傘をさして歩くことで、その絶大な効果を実感しています。

わいつー
わいつー

実際に使っているからこそ、リアルな内容をお伝えします!

この記事では以下の内容を解説します。

  • 日傘をさすことによる効果
  • 男性が日傘をさすことによるデメリット
  • 日傘を選ぶときの基準

この記事を読むと、男性でも堂々と日傘をさして外を歩けるようになりますので、ぜひ最後までチェックして頂ければと思います。

この記事の結論

  • 日傘をさすことで、健康被害、熱中症、暑さ、発汗対策になる
  • 男性が日傘をさしていても、周りは特に気にしていない
  • 日傘を選ぶ基準は、遮光率とUVカット率は100%必須!サイズやデザインはお好みで

紫外線により、健康被害のリスクが高まる

紫外線を多く受けることにより、健康被害のリスクが高まることが環境省でも発表されています。

主な健康被害は以下のとおり。

  • シミ、くすみ、小じわ
  • 日焼け
  • 皮膚がん
  • 白内障
  • 紫外線角膜炎
  • 免疫機能低下
  • 前がん症
引用元:環境省 – 紫外線環境保健マニュアル2020

日傘をさすのは面倒だけど、効果は絶大!

日傘をさして歩くことは、正直面倒です。ですが、それ以上に日傘による効果は絶大です!

主な効果は以下のとおり。

健康被害対策
紫外線を防ぐことで、上記で紹介した健康被害リスクを下げることができます。
熱中症対策
暑さによる体温上昇や大量発汗を防ぐことで熱中症対策にもなります。
暑さ軽減
暑さが軽減されていることが、体感でわかります
またデータとしても暑さが軽減されることが証明されています。
発汗軽減
直射日光を浴びなくなるため、汗をかきにくくなります。
こちらも汗をかきにくくなっているのが、体感でわかります
わいつー
わいつー

通勤時に汗をかいてシャツがびしょ濡れになっているサラリーマンの方、周りからの印象悪いですよ!

引用元:環境省

男性が日傘をさすことによるデメリット

ここでは、男性が日傘をさすことによるデメリットも紹介します。

恥ずかしい・周りの目が気になる

女性は約8割の方が日傘を持っていますが、男性は1割程度しか持っていません。

参考:ウェザーニュース – https://weathernews.jp/s/topics/202205/240205/

そのため街中で日傘を利用すると「恥ずかしい」「周りの目が気になる」と思うかもしれませんが、周りの人は案外特に気にしていません

視線を感じることがあるかもしれませんが、せいぜい「あっ、日傘さしてる」「日傘いいな~」くらいにしか思っていません。

男性が日傘をさすことについて、僕の嫁にも聞いてみました。

わいつー
わいつー

男性が日傘をさしてるのって、ぶっちゃけどう思う?

わいつー嫁
わいつー嫁

男性が日傘をさしてても「あ、日傘さしてるな~」くらいにしか思わんよ

わいつー嫁
わいつー嫁

「男が日傘ってwwwwプークスクスwww」みたいなのはないし、むしろ「暑い暑い」言いながら歩いてる人を見ると「日傘させばいいのに」って思う

わいつー嫁
わいつー嫁

「男性の日傘利用は変!」っていう感想は一切ないよ

ツイッターでの反応はこんな感じ。

男性が日傘を利用していても、そんなに気にしていないことがわかります。

片手がふさがる・持ち歩くのが面倒

日傘の習慣が無い人にとって「片手がふさがるのがイヤ!」「持ち歩くのが面倒!」と思う方は多いです。

わいつー
わいつー

正直、僕もそう思います

でも、このデメリットを受け入れても良いと思えるくらいの効果が日傘にはあります!

迷っている方はとにかく1回使ってみてほしいです。

人混みでの利用は周囲に注意

人混みの中で日傘をさすと、日傘が周りの人の目に入る可能性があります。

日傘をさすときは周囲を確認しましょう。

どんな日傘を選べばいいの?

ここまで日傘の効果やデメリットについて解説してきましたが、ここからは「どんな日傘を選べばいいかわからない!」という方のために、日傘の選定基準を紹介します。

  1. 遮光率100%&UVカット率100%のものを選ぶ
  2. 折りたたみ傘 or 折りたたまない傘
  3. (折りたたみ傘なら)大きさ
  4. デザイン

「遮光率100%&UVカット率100%」は必須条件です

最低でも99%以上あるものにしましょう。

わいつー
わいつー

この条件以外は、個人のお好みでOK!

折りたたみ傘
使わない時はカバンにしまい手荷物を少なくしたい、たたむ労力は許容できる、という方にオススメ。
晴雨兼用として使いたいなら、少し大きめのもの、日傘としてしか使わないのであれば、小さくて軽いものにしましょう。
折りたたまない傘
大きくて丈夫な傘を使いたい、常に持ち歩くことは許容できる、という方にオススメ。

色はについて、日傘としての効果が一番高いのは、外側がシルバー、内側が黒のものです。

わいつー
わいつー

僕はWpc. IZAの日傘を使っていて、表がネイビー、裏が黒だけど十分効果があります。

涼しい?Wpc IZAの男性向け折りたたみ日傘を正直レビュー!口コミも

デザインは、完全に自分の好みでOKです。

【まとめ】恥ずかしがらず、男性も日傘をさすべき

持ち歩く手間はありますが、日傘による効果は非常に大きいです。

特に暑さ軽減と発汗軽減は、すぐに体感できるほどの効果があります。

男性でも日傘をさしている人が増えてきたとはいえまだまだ少数派。ですが、周りの人はほとんど気にしていないので、周囲へ配慮しつつ堂々とさして歩きましょう。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA