【正直レビュー】UQモバイルを5年以上使って感じたメリットとデメリットを解説

【正直レビュー】UQモバイルを5年以上使って感じたメリットとデメリットを解説
  • UQモバイルに乗り換えようと思ってるけど、実際どうなの?
  • UQモバイルの回線速度って安定してるの?
  • UQモバイルは良い評判が多いけどデメリットってなに?

(この記事は2021年2月7日に更新されました)

こんにちは、UQモバイル歴5年以上のわいつー(@yyblog_asuyaru)です。

格安スマホ・格安SIMを提供している通信事業者は何社もありますが、その中でもUQモバイルは「通信速度が高速で安定」など良い評判が目立っていますね。

格安スマホは通信品質が心配・・・」という方のために、この記事では、「UQモバイルを実際に使って感じたメリット・デメリット」を正直にレビューします!

わいつー
わいつー

僕はUQモバイル歴5年以上!長年使った経験を基に、正直にレビューします

この記事を読むとUQモバイルがいかに低価格で高品質な回線かわかります。

先に結論をいうと、メリットは以下のとおりです。

UQモバイルのメリット

  • 回線速度が安定して高速
  • 料金が安い
  • 節約モードの場合は通信料の消費ゼロ!
  • アプリがシンプル

UQモバイルのデメリット

  • データチャージ料が高い

UQモバイルとは

UQモバイルは、KDDIが提供しているau 4G LTEを利用した移動体通信事業で、auのサブブランドです。

ライトユーザ向けのサービスを提供しており、販売している端末もミッドレンジ以下に絞っています。

UQモバイルのメリット

ここからは実際に使って感じたUQモバイルのメリットを紹介します。

メリットは以下のとおりです。

  • 回線速度が安定して高速
  • 料金が安い
  • 節約モードの場合は通信料の消費ゼロ!
  • アプリがシンプル

回線速度が安定して高速

回線速度が速く、朝・昼・夜のピーク時でも問題なく安定して使えます。

実際にスピードテストで時間を計測しました。それぞれ8:00、12:00、21:00で計測しています。

8:00時点の回線速度
12:00時点の回線速度
21:00時点の回線速度

速度を見る場合は「ダウンロード」の数値に注目してください。SNSやYouTubeを視聴する時はダウンロードの速度が重要です。

ダウンロードとアップロードについて
ダウンロード(下り):画像や動画を受信する時の回線速度
アップロード(上り):画像や動画を送信する時の回線速度
通信関連の記事を読むとよくこれらの用語が出てきます。
一般的に使われる用語になりつつありますので理解しておきましょう。

この速度であれば、LINEやSNS(facebook、twitter、instagram)、webページ閲覧はもちろん、YouTubeの動画も一定解像度以下であればストレスなく視聴可能です。

YouTubeの解像度ごとの推奨速度は以下のとおりです。

解像度推奨速度
4K 20 Mbps
HD 1080p 5 Mbps
HD 720p 2.5 Mbps
SD 480p 1.1 Mbps
SD 360p 0.7 Mbps

夜でも4K動画がストレスなく視聴可能です。

他の事業者ではピーク時に1Mbpsも出ない場合もありますので、いかにUQモバイルの回線速度が高速で安定しているかがわかると思います。

わいつー
わいつー

僕はUQモバイル歴5年以上ですが、回線速度に不満を感じたことは1回もありません。

利用用途はほとんどがLINE、SNS、webページ閲覧ですので、いつでも快適に利用しています。

料金が安い

2020/2/1からくりこしプランが追加されました。料金表は以下のとおりです。

項目 くりこしプランS くりこしプランM くりこしプランL
月額料金 1,480 円/月 2,480 円/月 3,480 円/月
基本データ容量 3GB/月 15GB/月 25GB/月
基本データ容量超過時
or
節約モード時
最大300 Kbps 最大1 Mbps 最大1 Mbps

もっと安い事業者はありますが、ピーク時は回線速度が安定しないこともあります。

そう考えると、この値段でピーク時でも安定した回線速度というのは格安です。

基本データ容量により料金が変わりますので、自分の利用用途に合わせて選びましょう。

くりこしプランSの制限速度が300Kbpsですが、 LINEやSNS、webページ閲覧、低画質のYouTube動画視聴は安定して通信可能です。

節約モードで通信料の消費ゼロ!

UQモバイルには「節約モード」と「高速モード」というものが存在します。

節約モード
常に最大300Kbpsまでしか使えませんが、基本データ容量が消費されません
高速モード
通常の速度で通信しますので、基本データ容量が消費されます。

ポイントは、「節約モードだと基本データ容量が消費されない」ところ。

通常時は節約モードで、必要な時だけ高速モードに切り替えれば、効率的に使うことができます。

上記の画像では、データ残量6GBとなっていますが契約は3GBでが、これは前月のデータ残量が繰り越されているから。

アプリがシンプル

アプリは機能も少なくシンプルデザインのため、非常に使いやすいです。

ホーム
データ
サポート
おトク

よく利用する項目は

  • 節約モード、高速モードの切替
  • データ通信量の消費状況確認

だと思いますが、ホーム画面だけで操作可能のため非常に使いやすいです。

UQモバイルのデメリット

次にUQモバイルのデメリットを紹介します。

デメリットは1つで、以下のとおりです。

  • データチャージ料が高い

データチャージ料が高い

1か月のデータ通信料上限を超えてしまった場合、速度制限がかかります。

速度制限がかかっても十分な速度がありますが、それでも物足りない方はお金を払えばデータ通信料がチャージできます。

ただし、100MBで220円、500MBで550円(税込)と少し高いです。

毎月2回以上チャージするくらい通信をする方は、上位プランに変更した方が良いです。

スマホのライトユーザならUQモバイルを使うべき!

スマホのライトユーザであればそこまで通信量が多くないため、UQモバイルにすると格安で使うことが出来ます。

現在3代キャリア(au,docomo,softbank)で契約している方は、メールアドレスが無くなってしまいますが、アドレス変更の手間さえ行えば格安でスマホを利用可能です。

わいつー
わいつー

今のところ、デメリットは感じていません!

安くて高品質なデータ通信ができる

UQモバイル 公式ホームページ


ここまで見ていただきありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA