手数料不要!無料送金アプリpringとは?メリット・デメリットを解説【画像付き】

手数料不要!無料送金アプリpringとは?メリット・デメリットを解説【画像付き】

(この記事は2020/7/16時点の情報です)

  • 銀行間の送金に手数料を払うのがもったいない
  • お金の送金に手数料を払いたくない
  • pringのメリットってなに?デメリットは?

こんにちは、現金を使うことがめっきり減ったわいつー(@yyblog_asuyaru)です。

「お金の送金にかかる手数料」はなるべく無いほうがうれしいですよね。

時間外ATMの利用や他行への振込など、たとえ1回100円や200円でも数が多くなればその分手数料として支払うお金は膨らんでいきます。

今回紹介する無料送金アプリ「pring」(プリン)を使えば、手数料無料で銀行間の送金や、個人に対して送金、pringへの入金出金ができます

この記事では「pringでできること、メリット、デメリット」を紹介します。

わいつー
わいつー

僕も実際に使ってます!セブン銀行からお金を引き出せるのが助かってるよ!

この記事を読むと、pringを使って手数料無料でお金のやりとりができるようになります。

手数料無料の条件は変更となる可能性があります。必ず公式ホームページで最新情報を確認してください。

pringでできること

pringの主な機能と、実際の画面を使って操作方法を説明します。

pringの主な機能

pringの主な機能のイメージこのようになっています。1つずつ詳しく解説します。

機能① お金をチャージする

登録した銀行口座からpringアプリにお金をチャージします。

登録できる銀行は多く、現在も増え続けています。最新情報は公式HPを参照してください。

わいつー
わいつー

メガバンク、地方銀行、ゆうちょ銀行など、多くの銀行に対応しています!

2020/7/1から手数料が変更となります!

  • 1日のチャージ金額上限が50万円に変更
  • 楽天銀行からのチャージが月に3回まで無料。4回目以降は220円(税込)に変更
  • セブン銀行ATMでの現金チャージが1日上限10万円に変更

機能② お金を戻す

pringアプリからお金を銀行に入金します。

アプリによってはこの機能は手数料がかかる場合がありますが、pringの場合は手数料無料で行うことができます。

わいつー
わいつー

この機能を使えば、銀行間送金の手数料が無料でできます!

2020/7/1から手数料が変更となります!

  • 1日上限50万円に変更。月に1回まで無料。2回目以降は220円(税込)

機能③ お金を送る

自分のpringにチャージしたお金を、家族・友人・同僚などのpringにお金を送ることができます。

毎月の仕送り、お小遣い、立替金の送金などに利用できます。

2020/7/1から手数料が変更となります!

  • 1アカウントにつき1日上限50万円に変更

機能④ お金を払う

pringを使って決済ができます。

pringは送金アプリですが、決済機能もついています。

決済できるお店はpaypayや楽天ペイ、d払いなどに比べると非常に少ないです。

大手コンビニエンスストアでは、ファミリーマート、ローソンに対応しています。

機能⑤ お金をおろす

pringにあるお金を現金化します。

アプリ内での送金や決済だけでなく、現金化できます。もちろん手数料無料です。

セブン銀行ATMでできますので、全国のセブンイレブンや、駅の構内等に設置してあるセブン銀行ATMで利用可能です。

2020/7/1から手数料が変更となります!

  • 1日上限10万円に変更。月に1回まで無料。2回目以降は220円(税込)

機能⑥ チーム

チームの中でギフティング(投げ銭)を行い資金を集める機能です。

仕組みは上図のとおり。

  1. 各人がチームを作ります。(作った人をチーム管理者とします)
  2. ユーザは気に入った内容のチームがあれば、チームに入ります。(チームメンバーとします)
  3. 自分にとって有益な記事、気に入った記事があれば、お金を送ります。(1円単位で送ることが可能です)
  4. お金は記事に対して送りますが、「チーム内総生産」という形でチーム内に集まったお金の合計が見れます。

また、コメントも送ることができ、何に対して「価値」があったのかを伝えることができます。

このチームという機能の考えは「みんなのエールをお金でつなぐ」というものです。

Jリーグでもpringのチームを活用する例が増えていて、コロナ禍でチケット収入が減少することに対する対策でpringを使ってお金を集めています。

Jリーグ以外でも個人でチームを展開している方が何名もいますので、気になる方はどんなチームがあるかチェックしてみてください。

実際の画面

「メイン画面」「お金をおくる画面」「お金をもどす」画面を紹介します。

「メイン画面」の紹介

やりたいことが直感的にわかる、シンプルな画面です。

「お金をおくる画面」の紹介

次に「お金をおくる」画面です。

誰に送るか選択するとトーク画面になりますので、トーク画面内でお金の送金とコメントを送ることができます。

わいつー
わいつー

誰から何のお金を受け取ったかわかるのがGood!飲み会で記憶を無くしても証拠が残ります

「お金をもどす画面」の紹介

登録銀行を選択すると、金額が入力でき、指定した金額分、口座に戻ります。

pringのメリット・デメリット

実際に使って感じた、pringのメリット・デメリットを紹介します。

メリット

pringを使うことのメリットは以下のとおりです。

  • お金をpringにチャージするときの手数料が無料
  • お金を銀行に戻すときに手数料が無料
  • 手数料無料で現金化可能

やはり「手数料無料」というのが大きいですね。

上記2つのメリットを使えば、銀行間の送金を無料で行うことが可能になります。

ネット銀行では他行宛て振込手数料は月ごとの回数限定で無料なところはありますが、地方銀行は手数料がかかる場合があります。

その場合でも、地方銀行からチャージし、ネット銀行へ戻せば手数料無料で銀行間送金が可能になります。

デメリット

pringのデメリットは以下のとおりです。

  • 手数料無料の条件が厳しくなってきている

手数料無料の条件は変更になる可能性が高く、更に厳しくなる可能性があります。

2020/7/1の改定では手数料無料の回数が激減しているところもあります。

月内の回数を意識していないと、もしかしたら手数料を払ってしまう、ということになるかもしれません。

わいつー
わいつー

とはいえ、手数料がかかるよりはマシ。まだまだ便利に使えます!

pringは手数料無料で銀行間の送金、現金化ができて便利!

pringの大きな魅力は、手数料無料で「銀行間の送金ができる」「セブン銀行で現金化ができる」ことです。

時代の流れと共に手数料無料の条件が厳しくなっていくかもしれませんが、払いたくないお金を払わなくて済むのは魅力的!

公式ホームページからインストールすることができますので、気になる方は試してみてください。

ここまで見ていただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA